自動車保険はしっかりと更新をしておこう|得する自動車保険! 【自動車保険ナビゲート】

自動車保険はしっかりと更新をしておこう

自動車の事故を補償するの保険を自動車保険といいますが、車を運転するのであれば自賠責保険という強制保険の他に、任意の自動車保険へ加入しておくことが大切です。特に任意保険は自分自身で加入のため、補償が途切れないよう更新をしっかり行っておくことが大切です。

任意の自動車保険とはどのようなものか

自動車事故を起こした場合、相手が死傷した時に損害賠償は発生します。この場合は自賠責保険から補償がありますが、賠償額は上限の3000万を上回ることがあります。このように上回ってしまった金額を補償するものが対人賠償保険といい、必ず付帯しておくべき補償といえるでしょう。それと合わせて、対物賠償保険というものがあり、こちらは物に対して補償をするものとなります。相手の車に対してや、被害を与えてしまった建物などを補償する保険となっています。このように、他人や他人の物に対しての補償は、特に忘れずに手続きをしておくべきでしょう。

保険の自動継続特約をつけておこう

特約の名称は違うかもしれませんが、通常はどの保険会社にも、自動車保険の自動継続特約というものがあります。この特約がついていれば、満期後1ヶ月は更新を忘れても特約を、継続していることと同様に扱っています。しかし、この特約がついていないと、手続きをうっかり忘れてしまった場合、再度新規で自動車保険に加入しなければなりません。この場合、元々持っていた等級は無効となります。等級解消が出来ない場合、低い等級での新規加入となり、保険料も高いものになってしまうことがあります。また、事故があった場合も、満期1ヶ月後を超えてしまうと、補償がない場合もあります。

満期日より前に必ず更新手続きをしておこう

通常、更新の2ヶ月くらい前には保険会社からご案内が届きます。更新日まで余裕があると思って放置していると、うっかり手続きを忘れてしまったり、保険料が銀行引き去りの場合、残高不足等で保険料が引き落とされていなかったりなどということになりかねません。自動車を通勤や業務使用とする人はほぼ毎日利用していたりもしますので、いざという時に補償が切れていて損害賠償を自己負担するということにならないよう注意が必要です。ネットや、代理店への連絡などで簡単に手続きすることが出来ますので、加入している自動車保険の更新時期はしっかりと把握しておきましょう。

まとめ

事故はいつどこで起こるか予想のつかないものです。うっかりなどの更新もれによって、多額の損害賠償を負うというリスクに備えるためにも、更新時期を把握し、早めに自動車保険の更新をしておくことが大切です。

オススメ記事

インズウェブ

自動車保険の一括見積りができるインズウェブなら、自動車保険が大幅に安くできるチャンスがあります。業界最多の20社に対して、見積り依頼を簡単な手続きで行うことができるのが強みのウエブサービスをご利用ください。保険料を安くするためのお役立ち情報もお勧めです。

保険スクエアbang

保険スクエアbangが提供する、自動車保険の一括見積サービスは、無料で利用することができます。各社の保険料を見積を簡単な操作で行うことができるのが特徴です。ホームページに掲載されている保険節約のコツなど、初めての方にも役立つ情報が満載ですので閲覧すると便利です。