自動車保険の種類と入っておくべき内容|得する自動車保険! 【自動車保険ナビゲート】

自動車保険の種類と入っておくべき内容

自動車を運転していて、もし何かのことがあったら、自分でその賠償を負うことができる人はほとんどいません。そこで、自動車購入時や車検時には強制的に自賠責保険に入ることになりますが、自賠責保険は人身事故だけに適用される保険で、しかも限度額があります。そこで、ほとんどの方が保障とともに事故対応の簡便さも含めて任意保険にすることになりますが、ここではその種類や特約についてご紹介いたします。

自動車の任意保険の種類について

自動車の任意保険の種類には対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険者障害保険、車両保険、人身障害補償保険があります。強制保険である自賠責保険は対人補償だけで、しかも限度額がありますので、対人賠償保険、対物賠償保険は必ず必要な保険といえます。さらに、ほとんどの方は人を乗せる機会がありますので、搭乗者傷害保険は必要になってきます。これらは、事故の相手や搭乗者を含む他人に対する補償ですので、法律上賠償責任が発生し、加入していない場合には事故対応も含め相手に更なる迷惑をかけることになります。

自動車の任意保険の組合せセット

しかし、通常は、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険以外にも、自分の車に対しても補償をつけるケースが多く、良くつけられる保険がセットとなっている場合が多いです。セットの保険の種類としては、PAP(自動車総合保険)、SAP(自家用自動車総合保険)、BAP(一般自動車保険)の3種類に分けることが出来ます。PAPとは対人、対物、搭乗者傷害、自損事故、無保険車傷害の5つがセットになったもので、SAPはPAPに車両保険が追加された6つのセットになったものです。BAPは加入者が担保種目ごとに選択して保険をつけるものでいわゆるバラ売りタイプの保険になります。このBAPの場合、一般には示談交渉サービスが無いため、事故対応を自分で行う必要があることも考慮しておくべきです。

自動車の任意保険は何を選ぶべきか

通常は、上述の【B】PAP(自動車総合保険)またはSAP(自家用自動車総合保険)のどちらかを選ぶことをお勧め【/B】します。PAPとSAPの選択は車両保険が付いているかどうかの違いなので、車両保険が必要かどうかで決めることになります。車両保険は他者との事故において、自身の車の修理費に対して過失割合分の修理費しか相手の保険からは支払われませんので、その不足分を補償するものです。一般に修理費用が残存価格を上回る場合には廃車することも多々ありますので、車両保険をつけるか否かは、つけることによって増える支払額と自身の車の残存価格によって検討して下さい。

まとめ

更に、自動車保険には家族限定特約、身障害補償特約、他車運転危険担保特約、ファミリーバイク特約、諸量新価保険特約、台車費用担保特約、等級プロテクト特約などがあります。この特約によって保険料が上がったり下がったりしますので、自身のおかれた環境により特約の検討をお勧めします。家族以外に乗ることが想定されない場合には、家族限定特約をつければ保険料を抑えることができるのでお勧めです。

オススメ記事

インズウェブ

自動車保険の一括見積りができるインズウェブなら、自動車保険が大幅に安くできるチャンスがあります。業界最多の20社に対して、見積り依頼を簡単な手続きで行うことができるのが強みのウエブサービスをご利用ください。保険料を安くするためのお役立ち情報もお勧めです。

保険スクエアbang

保険スクエアbangが提供する、自動車保険の一括見積サービスは、無料で利用することができます。各社の保険料を見積を簡単な操作で行うことができるのが特徴です。ホームページに掲載されている保険節約のコツなど、初めての方にも役立つ情報が満載ですので閲覧すると便利です。