自動車保険は使用目的に合ったものを選ぶ|得する自動車保険! 【自動車保険ナビゲート】

自動車保険は使用目的に合ったものを選ぶ

自動車保険へ加入する際には使用目的を明確にすることが大切です。それが保険料を決定する際に左右する要素のひとつでもあるからです。多くの場合は、業務、通勤・通学、日常のレジャーの3つの項目に分かれています。業務が目的で使う場合には保険料が高くなります。日常のレジャーだと安くなります。

自動車に乗る目的が変わった時には見直しをする

仮に現在乗っている自動車を業務で使っていて、レジャーに使うという目的で乗る用途が変わったときには必ず見直しをしなくてはいけません。車の使用する目的によって、走行距離や運転する機会が大きく異なり、事故に遭うリスクも変動するからです。一般的に、年間を通して週5日以上、または月に15日以上、車を業務に使用する場合は、使用目的を業務として申告しなければなりません 保険会社によって目的の区分や保険料率の設定方法が異なる場合があるので、見直しの際はしっかりと比較することが大切です。ただし、自動車保険の料金が安くなるからといって、通勤で使う場合がほとんどなのに目的を日常・レジャーとしてしまうと、通勤中の事故などで補償が受けられない場合もあります。偽りはいけません。正しく申告しましょう。

一番使用目的で多いのが通勤通学で使う場合

毎日、車で会社や学校に通っている人が当てはまる使用する目的が通勤・通学という場合です。休日やレジャーにしか車を運転しない人に比べて保険料は割高になりますが、業務で使用する人に比べると保険料は安くなるのが一般的です。具体的には、業務での目的以外に、年間を通じて週5日以上、または月15日以上通勤や通学に車を運転すると規定される場合が多いようです。この条件に該当する人は、目的に「通勤・通学」を選びましょう。会社や学校への送り迎えに車を利用する場合も、週5日以上、月15日以上なら使用目的を通勤・通学と申告するのが一般的です。使用の目的を誤って申告すると、補償を受けられなくなってしまうことがあるので注意しましょう。

日常、レジャーを使用目的にすれば値段は安くなる

買い物や休日のレジャーなどにしか車を利用しない人もいるでしょう。その場合には、使用目的は「日常・レジャー」に該当します。業務や通勤・通学に比べると、運転機会や距離が少なくなるため、保険料は最も安くなります。他の二つの条件に該当しない人は、目的を日常・レジャーと申告しておけば大丈夫です。使用目的は日常・レジャー、通勤・通学、業務の順で値段も高くなるのと同時に補償範囲が広くなっており、業務を指定しておけば万一、通勤・通学や日常・レジャーというシーンで車を使用しているときに事故を起こしてしまった場合にも補償範囲となります。通勤・通学であれば、日常・レジャーで運転中の事故も勿論補償範囲です。

まとめ

車の使用目的は、自動車保険に加入時に指定します。必ず自分の使いたいカーライフにみあった使用目的を申告するようにしましょう。目的を偽ったり、誤ったりすると、いざというときに補償が受けられない場合がありますので注意しましょう。

オススメ記事

インズウェブ

自動車保険の一括見積りができるインズウェブなら、自動車保険が大幅に安くできるチャンスがあります。業界最多の20社に対して、見積り依頼を簡単な手続きで行うことができるのが強みのウエブサービスをご利用ください。保険料を安くするためのお役立ち情報もお勧めです。

保険スクエアbang

保険スクエアbangが提供する、自動車保険の一括見積サービスは、無料で利用することができます。各社の保険料を見積を簡単な操作で行うことができるのが特徴です。ホームページに掲載されている保険節約のコツなど、初めての方にも役立つ情報が満載ですので閲覧すると便利です。