補償額をしっかり付けて安心カーライフ|得する自動車保険! 【自動車保険ナビゲート】

補償額をしっかり付けて安心カーライフ

マイカーに掛ける自動車保険は対人賠償と対物賠償に備えられることが大きな魅力です。しかし対物賠償の補償金額を低めに設定するケースも見られますが、安心のカーライフを実現するためには対物賠償の補償金額を充実させることも大切です。

対物賠償は高額請求になるケースも

最近の自動車保険は、平均的に対人賠償の補償金額が、最初から無制限に設定されている場合が増えています。年々対人賠償額が増加する傾向も見られますから、任意で補償金額が設定できる場合でも、この額は無制限で加入した方が賢明です。一方、対物賠償では補償金額に上限を設けて加入する場合も、まだまだ多いケースです。例えば対物賠償を3千万円の補償金額で加入している時は、十分なようにも見えますが、建築物などに被害を与えますと、それでは足りない事例も存在します。特に商業施設に損害を与えたケースでは、平均的に高額賠償につながります。

無制限で加入することが安心につながる

対物賠償では、高価な積み荷を積載しているトレーラーなどに被害を与えるパターンも考えておく必要があります。この場合、車両価格よりも積み荷の方が高額になることもありますので、自動車保険に加入する際は、あらゆる状況を想定しなくてはなりません。もしも自分が加害者になり、大半が保険金でまかなえましても、数百万円分足りなければ、その金額を自分で負担することになります。数百万円は大金ですから、その後の人生設計図にも少なからず支障が出てしまうことも珍しくありません。そのため、対物賠償も無制限で加入しておくことがベストになります。

自動車保険は保険として機能させることが大事

自動車保険では、対物賠償の補償金額を下げることも、保険料を節約する方法の一つです。しかし万一の時に賠償金額が足りなくなり、大きな自己負担が発生したのでは、何のための保険か分からなくなります。保険としてキチンと機能してこそ安心のカーライフが実現しますから、対物賠償もしっかり無制限に設定しておくことが肝心です。後になって大金を自己負担しないためにも、十分検討してみてください。また、自動車保険にはノンフリート等級がありますから、等級が上がることで得られる割引き分を、無制限の保険料に充当することも良い方法です。

まとめ

自動車保険は、万一の時の経済的負担を減らすために掛ける保険ですから、対物賠償の補償金額も無制限で加入しておくことが重要です。無制限に設定した場合でも、平均的にそれほど高い保険料にならないと言えますので、もしもの際に高額な自己負担金を発生させないためにも、補償内容を充実させておきましょう。

オススメ記事

インズウェブ

自動車保険の一括見積りができるインズウェブなら、自動車保険が大幅に安くできるチャンスがあります。業界最多の20社に対して、見積り依頼を簡単な手続きで行うことができるのが強みのウエブサービスをご利用ください。保険料を安くするためのお役立ち情報もお勧めです。

保険スクエアbang

保険スクエアbangが提供する、自動車保険の一括見積サービスは、無料で利用することができます。各社の保険料を見積を簡単な操作で行うことができるのが特徴です。ホームページに掲載されている保険節約のコツなど、初めての方にも役立つ情報が満載ですので閲覧すると便利です。