前年の走行距離などを参考に事前申告|得する自動車保険! 【自動車保険ナビゲート】

前年の走行距離などを参考に事前申告

自動車保険で走行距離を伝えるケースがあります。正確な数字を申告する必要はなく、前年の走行距離を参考に申告すればよいでしょう。オーバーして差額を払わないと補償されないこともあるので、注意が必要です。

正確に知ることができなくても問題ない

過去のことであれば、結果などとして数字を知ることができます。ですから良くわかります。でも、将来のことは予測するしかできず、正確に知ることは難しいといえるでしょう。自動車保険の中に、走行距離を保険料の計算要素にすることがあります。こちらの場合、前年度の走行距離を利用するのではなく、その年の走行距離を予測することになります。自己申告になるので、正しい予測ができるかどうかはあまり関係ありません。最も短い距離のコースを選択しても良いですし、多い距離を選択しても良いでしょう。通常は前年度の距離を参考にします。

年間に走る分を予測して保険料を決定

自動車の利用方法は、各家庭である程度決まっているでしょう。通勤や通学に使う人、レジャーを中心に使う人などです。通勤などになると毎日一定距離を走ります。レジャーは週末など利用が限られます。すると1年間にどれくらい走るかはある程度予測できます。自動車保険の中には走行距離によって保険料を決定するケースがあります。事前に年間に走る距離を予測し、それによって保険料が決定される仕組みです。距離が長くなれば高くなりますが、短くなればその分安くなります。利用頻度によってお得になる場合があるかもしれません。

予測よりも多く走ったり少なく走る場合

自動車保険は、リスクに応じて保険料が決められます。走行距離によってリスクを測ることがあり、その時は距離が多くなればその分保険料はアップします。この時、申告した距離よりも多く走ってしまったときはどうなるかです。この時は、多くなったときに申告をして、差額分の保険料を追加で支払います。それによって補償が受けられます。そのままにしてトラブルが発生すると、補償が受けられないことがあるので注意しましょう。少なくなる場合、ある会社では翌年の保険料から控除してくれます。ただし保険会社が変わればその適用が無くなります。

まとめ

自動車保険の中に、走行距離を要素にするタイプがあります。走った距離により料金が上がったり下がったりするする仕組みで、事前に距離を予測して申告します。多くなるとき、少なくなるときも調整してもらえます。

オススメ記事

インズウェブ

自動車保険の一括見積りができるインズウェブなら、自動車保険が大幅に安くできるチャンスがあります。業界最多の20社に対して、見積り依頼を簡単な手続きで行うことができるのが強みのウエブサービスをご利用ください。保険料を安くするためのお役立ち情報もお勧めです。

保険スクエアbang

保険スクエアbangが提供する、自動車保険の一括見積サービスは、無料で利用することができます。各社の保険料を見積を簡単な操作で行うことができるのが特徴です。ホームページに掲載されている保険節約のコツなど、初めての方にも役立つ情報が満載ですので閲覧すると便利です。