新規で自動車保険に入る場合に考えること|得する自動車保険! 【自動車保険ナビゲート】

新規で自動車保険に入る場合に考えること

運転免許を持ち、初めての愛車を購入した時、その時には必ず自動車保険に入る必要があります。この強制的に入ることになる自賠責保険と言われるものは、車購入と同時の契約になりますので、有無を言うことなく加入する保険です。ですが自動車には、これと別な保険の存在があります。それが、任意保険である自動車保険になります。

自賠責保険と任意保険を知りましょう

この任意保険には、加入する義務はありません。しかし、物価が高騰してしまった時代ですから、自賠責保険では事故を起こした時、補償される金額が少ないこともあり、不足することからも、任意である自動車保険に入る人が多くなっています。新規に申し込む時、保険代理店を知らないことも多く、最近では手軽に入ることが出来る通販型の任意保険に入る人が、増えています。それは、インターネットから入る事が出来、新規に入るにも簡単な手続きで終わる便利さもあると言われます。インターネットで申し込むことから、印鑑なども不要であり、申し込んだ翌日から保険開始も可能になっています。

自動車保険はノンフリートと言われる等級制です

自動車の保険には、ノンフリート級と言われる等級制度を実施しています。これは、事故歴に応じた保険料になり、割引とか割り増しの適用が利用されることになります。基本的に、1等級から20等級の20段階に分かれています。新規で契約する場合には、6等級から始まることになり、1年間事故がなければ、1等級上がり7等級になります。また、条件によっては7等級から始める場合もあります。これは等級の数字が大きいほど割引率が大きく、数字が小さくなるほど割引率が小さくなっています。そんなことから、1等級から3等級になると、割り増しと言う形になってしまいます。

無駄のない自動車保険に入りましょう

新規の自動車保険に入る時は、不必要とされるものを省くことが大切です。例えば、運転者の年齢条件を適切に設定することで、割引の対象にもなります。一番良い方法としては、運転する人が決まっているのであれば、運転者限定と言う保険に入る方法です。また、夫婦で運転する場合、本人と配偶者と言う契約を行うことで、無駄な保険料を払わずに済むことになります。更には、車両保険などに入る時も、節約効果を期待出来ます。事故の種類に関係なく保険が下りるものに対し、当て逃げなどには対応をしてくれないと保険もあり、入る前にその内容を良く確認する必要もあるのでしょう。

まとめ

自動車保険に新規で入る時には、いろいろな条件があり、難しく感じる人も多いのではないでしょうか。終いには、面倒になってしまい、保険屋さんに全てを任せてしまい、相当な保険料になってしまうことも考えられます。自動車保険に入る時は、保険会社のデータ等を調べることも良い方法です。保険会社を比較することも大事なことなのでしょう。

オススメ記事

インズウェブ

自動車保険の一括見積りができるインズウェブなら、自動車保険が大幅に安くできるチャンスがあります。業界最多の20社に対して、見積り依頼を簡単な手続きで行うことができるのが強みのウエブサービスをご利用ください。保険料を安くするためのお役立ち情報もお勧めです。

保険スクエアbang

保険スクエアbangが提供する、自動車保険の一括見積サービスは、無料で利用することができます。各社の保険料を見積を簡単な操作で行うことができるのが特徴です。ホームページに掲載されている保険節約のコツなど、初めての方にも役立つ情報が満載ですので閲覧すると便利です。