自動車保険を見直して家計を有利に|得する自動車保険! 【自動車保険ナビゲート】

自動車保険を見直して家計を有利に

自動車を運転するなら、加入しておきたいのが任意契約の自動車保険です。この保険は各社から提供されていますので、費用や補償内容などを基準に、自分にピッタリな保険を見付けることが肝心です。ここでは、その基本的な情報をお届けします。

どちらにもメリットがある二つの加入方法

任意契約の自動車保険に入る場合は、自動車を購入した時にディーラーや代理店などの店頭で加入する方法と、インターネットや電話などで加入する方法の2種類があります。代理店などの店頭で加入する際は、スタッフのアドバイスを受けながら保険のプランニングができますから、保険に詳しくない場合なら打って付けの加入方法です。一方、インターネットや電話などのダイレクトタイプの場合では、保険のプランニングを自分自身で行う代わりに、低料金で加入できるメリットがあります。ですから予算を重視する際は、ダイレクトタイプが魅力的な加入方法です。

見直しができる任意加入の自動車保険

自動車保険はノンフリート等級があるため、ほかの保険会社に変更できないと思われがちな一面もあります。ところが、基本的に獲得している等級を維持したまま保険会社を変えられますから、保険の見直しが可能です。そこで、現在の保険料が高いとお感じの場合、一度見直してみることをおすすめします。特に店頭加入の保険なら、ダイレクトタイプに切り替えるだけで、同等の補償内容を保ちつつ保険料を下げられることが一般的です。また、家賃の値上げをはじめ、ほかの生活費で家計が圧迫されている場合でも、自動車保険の見直しで予算を捻出することは解決策の一つです。

ダイレクトタイプでも電話でアドバイスが受けられる

ダイレクトタイプに自動車保険を見直す場合は、特約をチェックすることも有効です。基本的な補償プランは各社でほぼ共通していますが、特約は保険会社ごとで異なりますので、さらに有利なプランで加入できる場合もあります。また、ダイレクトタイプは自分で保険のプランニングを行うことが前提ですが、電話サポートが提供されている場合も多くなっています。電話をすれば店頭加入と同様に、アドバイスを受けられることが通例ですから安心です。近年は低金利時代や物価の値上げなど、支出が増える傾向もありますから、自動車保険を見直して家計を守ることも大切と言えるでしょう。

まとめ

自動車保険はダイレクトタイプに加入することで、大抵保険料を下げられます。もしも家賃や物価の値上げなどで家計を圧迫している状況なら、自動車保険を見直すことも有効です。また、ダイレクトタイプでは電話相談ができる場合も多いため、プランニングで迷った時は問い合わせてみると良いでしょう。

オススメ記事

インズウェブ

自動車保険の一括見積りができるインズウェブなら、自動車保険が大幅に安くできるチャンスがあります。業界最多の20社に対して、見積り依頼を簡単な手続きで行うことができるのが強みのウエブサービスをご利用ください。保険料を安くするためのお役立ち情報もお勧めです。

保険スクエアbang

保険スクエアbangが提供する、自動車保険の一括見積サービスは、無料で利用することができます。各社の保険料を見積を簡単な操作で行うことができるのが特徴です。ホームページに掲載されている保険節約のコツなど、初めての方にも役立つ情報が満載ですので閲覧すると便利です。