保険会社ごとに異なるので比較が必要|得する自動車保険! 【自動車保険ナビゲート】

保険会社ごとに異なるので比較が必要

任意の自動車保険は、サービスの内容から、加入の条件などいろいろなところで違いがあります。年齢制限の仕組みも各社で少しずつ異なるのが一般的です。年齢の幅や、年齢による保険料の差なども、各社で異なります。

親子で運転や利用者の幅が広い場合

子供でも、18歳になれば運転免許を取得することができます。自動車の運転は慣れが必要です。慣れれば誰でも運転ができますが、慣れていないと徐々に運転もできなくなります。もし自宅に自動車があって若い子供が免許を取得したなら、子供にも運転をさせた方が良いこともあります。この時の自動車保険の入り方としては、年齢制限を付けないことが多くなります。つけなければ、幅広い年齢の人が運転をすることが可能になります。その他、親戚が利用することが多い、友人が利用することが多い場合にも、制限をかけない方が補償を受けやすくなります。

保険料を安くしたいなら制限をしておく

自動車の利用方法は、それぞれの所有者によって様々です。基本的には、所有者が運転をします。夫婦であれば、所有者の配偶者が利用する可能性があり、家族なら子供なども運転する可能性が出てきます。ただ、所有者や夫婦が運転するのがほとんどの場合、自動車保険の保険料を下げるために年齢制限をするのが有効になる場合があります。自動車トラブルは、若い人ほどリスクが高くなるとされています。そのために、契約者がそれなりの年齢で、その人の年齢に合わせて制限をすると、保険料を安くできます。制限すると、それ以外の年齢の人は補償されません。

保険会社によって年齢の区分が異なる

運転免許は18歳から取得できます。成人といわれるのは20歳です。その他、還暦が60歳などいろいろな年齢があります。法律上年齢が重要な意味を持つこともありますし、サービスごとに年齢が設定されることもあります。自動車保険には、年齢制限をつけることで保険料を安くしたり、補償を広げたり狭めたりすることがあります。ではどの会社でも同じ年齢で設定をしているかですが、各社で少しずつ異なっています。ある会社では、制限なし、21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上と区分していました。もっと細かいところもあれば、簡易な制限の所もあります。

まとめ

自動車保険に加入するとき、できるだけ保険料を安くしたいと考えるでしょう。年齢制限をうまく活用することで下げられる場合があります。家族の年齢などをうまく考慮して、加入すると割安にできるかもしれません。

オススメ記事

インズウェブ

自動車保険の一括見積りができるインズウェブなら、自動車保険が大幅に安くできるチャンスがあります。業界最多の20社に対して、見積り依頼を簡単な手続きで行うことができるのが強みのウエブサービスをご利用ください。保険料を安くするためのお役立ち情報もお勧めです。

保険スクエアbang

保険スクエアbangが提供する、自動車保険の一括見積サービスは、無料で利用することができます。各社の保険料を見積を簡単な操作で行うことができるのが特徴です。ホームページに掲載されている保険節約のコツなど、初めての方にも役立つ情報が満載ですので閲覧すると便利です。