他人の自動車を運転してトラブルに遭う恐れ|得する自動車保険! 【自動車保険ナビゲート】

他人の自動車を運転してトラブルに遭う恐れ

他人の自動車を運転してトラブルに遭えば保険を使うことがあります。補償が受けられなかったり、借りた相手の等級に影響することがあります。自分自身の保険を使うことができれば、自分の等級に影響させられます。

単に年齢条件が付けられている場合の他人の自動車

友人や会社の同僚とドライブや買い物に車で出かけることがあります。基本的には、自動車の所有者が運転をするでしょう。ただ、距離が長くなったときには互いに助け合うことを考えます。ですから交代しながら運転することもあります。自動車保険で他人の自動車を運転するとき、単に年齢条件が付けられているだけなら特に問題なく適用されます。この時の年齢条件は、被保険者の配偶者や同居の親族の条件になります。それ以外の人は、どの年齢でも問題なく利用することができ、トラブルに遭ったとしても補償を受けることができます。別居の親族なども同様にされます。

家族限定などが付いている場合には注意が必要

親戚同士の集まりがあるとき、親戚同士で車で移動することがあります。自分の車を運転することもあれば、人数を多く乗せられる他人の車を運転することがあるかもしれせん。この時、自動車保険に家族限定がつけられていないか確認しておいた方が良いかもしれません。家族限定は、その家族の人が運転するときのみ補償が受けられます。ですから、親族でも補償の対象外です。既に結婚をして家を出ていることもも家族とはみなされませんから、補償からは外れることになります。運転中にトラブルに遭うと大変なので、避けた方がいいかもしれません。

自分で特約を付けていればどんな車でも安心

自動車を保有する人は、自分の保有する車の自動車保険に加入をします。この自動車でトラブルが起きても、補償してもらうことが可能です。人によっては、他人の車を良く運転することがあるかもしれません。その時、それぞれの車の加入状態によって補償が変わります。びくびくしながら運転しないといけなくなります。それを避けるために、自分自身で特約に入っておきます。他車運転補償特約があれば、自分が補償の対象外であっても自分の保険で補償が受けられます。借りた人の等級に影響を与えないためにも、自分で特約を付けておくこともあります。

まとめ

自動車保険は、一定の制限を付けると保険料が安くなります。他人の車の保険の制限を確認して運転をしないと、場合によっては補償されないこともあります。自分自身で加入しているなら、特約を付けられます。

オススメ記事

インズウェブ

自動車保険の一括見積りができるインズウェブなら、自動車保険が大幅に安くできるチャンスがあります。業界最多の20社に対して、見積り依頼を簡単な手続きで行うことができるのが強みのウエブサービスをご利用ください。保険料を安くするためのお役立ち情報もお勧めです。

保険スクエアbang

保険スクエアbangが提供する、自動車保険の一括見積サービスは、無料で利用することができます。各社の保険料を見積を簡単な操作で行うことができるのが特徴です。ホームページに掲載されている保険節約のコツなど、初めての方にも役立つ情報が満載ですので閲覧すると便利です。