自動車保険は長期契約で値上げに対応する|得する自動車保険! 【自動車保険ナビゲート】

自動車保険は長期契約で値上げに対応する

自動車保険は、大抵一年ごとに更新するでしょうが、長期契約をすれば保険料がお得になるという事を聞いたことがあるでしょうか。実際に契約期間によって保険料が変化するものなのか。保険料は毎年のように引き上げられています。長期で契約した場合、値上げの影響を受けないため、金銭的に余裕のある人は一度検討してみるのも良いでしょう。

長期契約の自動車保険にするメリットは

長期契約の保険期間は、保険料を一括で支払います。数年分を一度に払います。その分、負担が大きいので、基本的には金銭的にゆとりのあるかたに向いています。メリットはやはり金額です。保険料の割引があることや、増税時などでも値上げの影響を受けないということも大きいです。そしてそれだけではありません。万一、事故を起こした時には、特に大きなメリットを享受することが出来ます。例えば、16等級の人が事故を起こすと、通常ですと翌年からは3等級ダウンします。さらに事故有り等級になりますが、もし3年長期契約を申し込んだ場合は事故を起こしても、3年間の保険料が変わらないばかりか、更改時に事故有り等級ではあるものの、15等級となります。これは2年目の13等級、3年目の14等級は長期契約中に消化されてしまうためです。

メリットばかりではない長期契約の注意すべき点

とはいえ、3年間に2回事故を起こすと、1年契約の場合より、1等級分損することもあります。契約期間中に青免許からゴールド免許に変わったとしても、ゴールド免許割引の恩恵を受けることができないなど、デメリットもあります。しかし、損害保険は途中で契約内容を変更できますし年ごとの補償開始日の解約であれば損はないので、一度解約して再契約をすることは可能です。基本的な内容や適用方法は各社同じですが、内容は保険会社によっても異なるので、よく調べてから契約することが大切です。平成25年から導入された事故有係数は、事故を起こしたかどうかで大きく保険料が変化する仕組みになっている場合があることに注意が必要です。

もし迷っているなら、とりあえず長期契約にしてみる

現在、自動車保険の更新時になると契約を3年にしませんかなどといった案内があります。悩む事が多い自動車保険に新たな選択肢は戸惑いもありますが、ひとまず長期保証に入りましょう。注意点はあるもののデメリットがほとんどありません。契約中は保険料が年々上がっていたとしても値上げが抑えられるうえに、現在ゴールド免許の人が事故を起こしても契約期間中はそのままゴールド免許割引を継続できますし、途中で別の保険会社に変えても違約金は発生しません。保険会社を乗り換える事も可能ですし、車に乗らなくなったら解約や休止も問題なく出来ます。

まとめ

近年では、代理店型の自動車保険だけでなく通販型の自動車保険を提供する保険会社も数多く登場しています。さらに、その中でも色々な補償内容や特約があり、契約形態もさまざまです。大切なことは、自分の求める補償やサービスが、見合った保険料で受けられるかどうかということでしょう。

オススメ記事

インズウェブ

自動車保険の一括見積りができるインズウェブなら、自動車保険が大幅に安くできるチャンスがあります。業界最多の20社に対して、見積り依頼を簡単な手続きで行うことができるのが強みのウエブサービスをご利用ください。保険料を安くするためのお役立ち情報もお勧めです。

保険スクエアbang

保険スクエアbangが提供する、自動車保険の一括見積サービスは、無料で利用することができます。各社の保険料を見積を簡単な操作で行うことができるのが特徴です。ホームページに掲載されている保険節約のコツなど、初めての方にも役立つ情報が満載ですので閲覧すると便利です。