主契約を中心に自分の好きなようにカスタマイズ|得する自動車保険! 【自動車保険ナビゲート】

主契約を中心に自分の好きなようにカスタマイズ

自動車保険を選択するといえば、任意保険の選択になります。主契約と特約で構成されていて、特約は自由に選択することができます。その他ロードサービスがありますが、多くの会社では無料になっています。

対人損害賠償補償を主契約に特約が付加

多くの保険は、主契約と特約で構成されています。主契約は保険の中心になる部分で、こちらの契約なしに保険商品は成り立ちません。一方、特約は主契約に付加することで利用できるぶぶんで、特約だけを単独で利用することはできません。自動車保険の仕組みも主契約と特約によって構成されています。主契約は、対人損害賠償補償で、自賠責で補償している部分の上乗せを行います。多くの場合は無制限にすることが多いです。車両に関する補償や自分自身のけがに対する補償もつけることができますが、これらは特約としてつけることになります。必ずつけないといけないわけではありません。

必ず入る自賠責と任意に入る任意保険からなる

自動車を購入するとき、必ず入らないといけないのが自賠責保険です。こちらに入らないと、罰則などを受けることがあるので注意しないといけません。一応保険ですが、一般的に自動車保険といったときにはこちらを刺さないことが多いです。仕組みとしては、自賠責と任意保険で構成されています。自賠責は、対人損害賠償に対して一定額までの補償をしてくれます。任意保険は、自賠責を超える部分の補償が中心になります。今は自賠責では補償が足りないケースが多いため、任意保険が必要になっています。どちらにも加入した方が良いとされます。

ロードサービスは無料で付いてくる付加サービス

自動車に乗っていると起こるトラブルとして、バッテリー上がり、パンク、キー閉じ込みがあります。これらが起きた時、他人に助けてもらうこともありますが、ロードサービス会社に依頼することになるでしょう。事前に会員になっていれば割安に利用することができるため有料で会員になる人もいるかもしれません。自動車保険の仕組みとして、ロードサービスが無料で付加されるケースがあります。通常補償サービスは特約として付加し、その分保険料がアップします。でもロードサービスは、多くの会社で無料で付加されます。ただし、内容は各社で異なります。

まとめ

自動車保険には、大きく分けて自賠責と任意保険があります。自賠責は必ず加入が必要で、任意は任意になっています。しかし自賠責では十分な補償ができない仕組みです。そのため任意への加入が推奨されます。

オススメ記事

インズウェブ

自動車保険の一括見積りができるインズウェブなら、自動車保険が大幅に安くできるチャンスがあります。業界最多の20社に対して、見積り依頼を簡単な手続きで行うことができるのが強みのウエブサービスをご利用ください。保険料を安くするためのお役立ち情報もお勧めです。

保険スクエアbang

保険スクエアbangが提供する、自動車保険の一括見積サービスは、無料で利用することができます。各社の保険料を見積を簡単な操作で行うことができるのが特徴です。ホームページに掲載されている保険節約のコツなど、初めての方にも役立つ情報が満載ですので閲覧すると便利です。