法人で加入するフリート契約のメリット|得する自動車保険! 【自動車保険ナビゲート】

法人で加入するフリート契約のメリット

自動車保険にはノンフリート契約とフリート契約という2種類の契約方法が存在します。個人で加入する場合は主にノンフリート契約になりますが、法人で加入する場合はフリート契約になることが一般的です。ここではその違いや、フリート契約のメリットについてご案内します。

二つの契約方法の違う部分はどこか

自動車保険に加入する自動車が9台までの場合ならノンフリート契約になり、10台以上ある場合はフリート契約になります。これがノンフリート契約とフリート契約の一番の違いです。そのほか、ノンフリート契約は保険に加入している自動車一台ごとに割引きや割増しが適用されるのに対し、フリート契約では契約者単位で適用されることも大きな違いです。また、フリートという単語の意味ですが、これは船団を示す言葉でもあります。そのため自動車を多数保有する場合はフリートになり、まとまった台数を保有していない場合なら、フリートではないことからノンフリートと呼ばれるようになっています。

フリート契約の魅力的なポイント

フリート契約では直接所有する自動車のほか、1年間以上リース契約で借りている自動車や、国あるいは地方公共団体から借りている自動車なども、使用台数に含まれます。そして、フリート契約は運転者の年齢に関係なく保険料が一律なため、保険料を節約できることがメリットです。また、契約台数によりましても異なりますが、保険金を利用しなかった際の割引き率が一層有利になっていますから、その点も法人には魅力的なポイントです。さらに途中から追加導入した自動車にも、最初から現時点の割引き率が適用できることも、フリート契約固有のメリットです。

代車にも保険が適用できるフリート契約

自動車は整備や点検を行うことも一般的です。しかしフリート契約なら、整備などに出している期間の代車につきましても、保険料が増額されることなく、補償が受けられます。補償内容は契約している車両と同じ条件が適用されますので、代車でも安心して運転できる点がメリットです。もちろん契約車両を修理する時の代車でも適用されますので、これもフリート契約ならではのメリットと言えます。一方、使用自動車を10台以上まとめて一つの保険証券で加入した場合では、さらに多数割引きが適用されますので、一層お得な自動車保険になります。

まとめ

10台以上の自動車を保有する法人では、フリート契約の自動車保険に加入しますが、この契約方法には様々なメリットがあります。運転者の全年齢をリーズナブルな保険料で補償対象にできたり、代車にも補償が適用されるなど、フリート契約には法人にとって嬉しいメリットが揃っています

オススメ記事

インズウェブ

自動車保険の一括見積りができるインズウェブなら、自動車保険が大幅に安くできるチャンスがあります。業界最多の20社に対して、見積り依頼を簡単な手続きで行うことができるのが強みのウエブサービスをご利用ください。保険料を安くするためのお役立ち情報もお勧めです。

保険スクエアbang

保険スクエアbangが提供する、自動車保険の一括見積サービスは、無料で利用することができます。各社の保険料を見積を簡単な操作で行うことができるのが特徴です。ホームページに掲載されている保険節約のコツなど、初めての方にも役立つ情報が満載ですので閲覧すると便利です。