自分で選べる場合と選ばずに入る部分|得する自動車保険! 【自動車保険ナビゲート】

自分で選べる場合と選ばずに入る部分

自動車保険に入るとき、選ばずにはいる部分と選べる部分があります。自賠責や任意保険の主契約部分は、加入するときに必ず必要になります。任意保険の特約は自由に選ぶことができます。好きな特約を付けられます。

他人への損害賠償か自分自身の損の補てんか

将来的に何らかの損が発生する可能性があるとき、その損をカバーするために保険が用意される場合があります。それぞれの保険によって、どの損に対応するかが分かれています。自動車保険の種類としては、最も重要なのが他人への損害賠償になります。自賠責で一定金額まで補償できるようになっていて、それを超える部分は任意保険で対応することになります。それ以外には、自分自身に対する損の補てん部分もあります。けがをしたりすれば治療費が必要になります。自分自身が大きなお金が必要になったとしても、それを補てんできる場合があります。

加入が必須か任意に決められているか

自動車は、交通ルールを守ることによって安全に乗ることができます。しかし、常に安全であるかどうかはわからず、自分自身が安全に運転をしていてもトラブルに巻き込まれることはあります。とのトラブルに備えるものとして自動車保険が用意されています。種類としては、大きく分けると、自賠責保険と任意保険があります。自賠責は、自動車を保有するときには必ず加入しなければならず、特に保険会社による差はありません。任意は、加入するかどうかは自由になります。それぞれの保険会社で内容や保険料が異なる仕組みになっています。

人に対して発生するか物に対して発生するか

自動車は、非常に重たい鉄の塊です。一定のスピードで動くことになり、もし何かにぶつかるとそれなりの衝撃を受けることになります。それによって、自動車自身も壊れますし、対象物も大破してしまうことがあります。自動車保険の種類として、最も知られているのは人に対する補償です。相手に損害が発生した時にそれを賠償するための保険があります。その他、自分自身や、同乗者に対する補償を受ける必要もあります。その他に、物に対する補償もあります。建造物等を壊したときに、その損害賠償を行ったり、自分の自動車の損の補てんをするのに使えます。

まとめ

自動車保険には、自賠責と任意があり、一般的に比較をするといわれるのが任意の保険になります。自賠責は、どの保険会社でも同じ金額で加入、同じ内容での加入になります。任意は各社で異なる内容です。

オススメ記事

インズウェブ

自動車保険の一括見積りができるインズウェブなら、自動車保険が大幅に安くできるチャンスがあります。業界最多の20社に対して、見積り依頼を簡単な手続きで行うことができるのが強みのウエブサービスをご利用ください。保険料を安くするためのお役立ち情報もお勧めです。

保険スクエアbang

保険スクエアbangが提供する、自動車保険の一括見積サービスは、無料で利用することができます。各社の保険料を見積を簡単な操作で行うことができるのが特徴です。ホームページに掲載されている保険節約のコツなど、初めての方にも役立つ情報が満載ですので閲覧すると便利です。