自動車保険は何を基準に選ぶべきか|得する自動車保険! 【自動車保険ナビゲート】

自動車保険は何を基準に選ぶべきか

インターネットが普及する前までは自動車保険は、車を購入したディーラーの勧めか、地元の知り合いや親兄弟の繋がりで選ぶことが多かったです。それは、比較するまでもなく保険会社による多少の違いはあれど、そのサービスや値段に殆ど開きが無かったからです。そして、疑いもなく保険の外交員が勧めるプランに毎年契約をして契約料を払うというのが一般的でした。

今や自動車の任意保険は比較して入るものになった

インターネットの普及とともに、各種保険には比較というファクターが出来上がり、これは生命保険や火災保険、地震保険などに加えて、日常的に使う自動車の任意保険についても同様に比較してから消費者が選んで入るという形態になってきました。その自動車の任意保険も従来からある代理店型の会社に加えて、インターネットに特化した通販型と言われる新規参入各社が台頭してきて最早、保険戦国時代の様相を呈して来ました。特に通販型は、保証が選べる保険として自分に合った保証内容に組み立てて契約が出来るメリットが有り、不要な特約は外して必要な特約のみを付加するというデザイン力が強みになっています。

自動車の任意保険は価格で選んでも良いのか

通販型の自動車保険がにわかに人気が出て来た背景には、その価格の安さに有ります。従来の代理店型の保険会社の場合は、大元の保険会社の下に代理店を置き、代理店の保険外交員がセールスを行い契約を行っていました。つまりは、代理店の保険外交員の人件費がその数だけ必要になります。これに対して、通販型の場合はネット上で一極集中の処理を行うことで人件費を最小限に抑えることに成功しました。また、契約書をweb上で確認できるようにしてペーパーレス化を行うことによりその省いた手間を割引として契約者に還元して更なる価格の安さをアピールしました。保険のサービスはそのままに無駄を最大限に省くことにより競争力を高めた自動車保険が通販型と言ます。

自動車保険はデータで比較して選ぶ

自動車の任意保険は、掛け捨て保険なので一年に一回もしくは数年に一回更新時期が来るわけですが、その時期に毎年比較して決めるべきです。最近は、保険会社も毎年、保証内容や価格を更新して同業他社に負けないようにと努力しています。ですから、今入っている任意保険を次回も継続することが必ずしも得だとは限らないのです。また、運転する人のライフスタイルも年々刻々と変化していきます。同居家族の増減や、その車を運転する人の増減、更には運転機会の増減や、走行距離の増減と保険の価格を左右するファクターの数には枚挙の暇も有りません。それらを毎回見直して今の自分の状況にあった最良のプランを選択するべきです。

まとめ

自動車の任意保険は、従来の代理店型の保険に加えて、通販型の保険会社が参入し、台頭してきました。通販型は、特約を増減でき、保険をカスタマイズ出来る上に、人件費を最小限に押さえて低価格の保険料を獲得しました。組み立て型の保険は、ライフスタイルの変化によって価格を左右するファクターの変化が見られるので毎回、比較検討する必要が有ります。

オススメ記事

インズウェブ

自動車保険の一括見積りができるインズウェブなら、自動車保険が大幅に安くできるチャンスがあります。業界最多の20社に対して、見積り依頼を簡単な手続きで行うことができるのが強みのウエブサービスをご利用ください。保険料を安くするためのお役立ち情報もお勧めです。

保険スクエアbang

保険スクエアbangが提供する、自動車保険の一括見積サービスは、無料で利用することができます。各社の保険料を見積を簡単な操作で行うことができるのが特徴です。ホームページに掲載されている保険節約のコツなど、初めての方にも役立つ情報が満載ですので閲覧すると便利です。